TEL
MENU

バスケの治療 | 豊中市・吹田市・池田市 あらき整骨院

バスケの治療

バスケットといえば、選手同士の接触も多く、かなりハードなスポーツでもあります。
ルール上は接触を禁じていますが、かなり選手同士が近い距離でのプレーが多く、その結果接触してしまうことがあるのです。

その結果怪我をすることも多いのですが、特に多いのが、ジャンプに関する怪我と、着地に関する怪我になってくるのです。
特にジャンパーズニーはバスケの怪我としてかなり有名であり、靭帯が炎症を起こし断裂することさえ出てくるのです。

ほとんどの場合、オーバーユースなのであり、十分な休息をとることが重要です。
バスケの治療に関し、豊中市の整骨院である当院では、筋肉の緊張をとりほぐしていくことによって、柔軟性を回復できるようにしていきます。

上半身の怪我もよく出てくることなのですが、そんなバスケの治療に関しては、肩の関節やひじの関節を重点的に施術していくことになるのです。
そして予防策として、豊中市の整骨院では手首にも注目していきます。
しっかりとした手首にしていくことで、プレーに安定性を持たせ、無理なプレーをさせないようにすることでけがの予防も見ていくのです。

バスケの治療をはじめ、スポーツ障害に関しては、施術を通して改善するだけではなく、予防にもつながっていかなければいけません。
そういった点からも、手首の関節にまで注目していくのです。

当院へのアクセス

あらき整骨院

所在地〒561-0874 大阪府豊中市長興寺南1-3-1
電話番号06-6864-8080
駐車場6台あり
予約予約優先制
休診日土曜午後 日曜・祝日
院長荒木 人伺