TEL
MENU
初めての方へ 料金

テーピングをずっとしていると。。。 | 豊中市・吹田市・池田市 あらき整骨院

Blog記事一覧 > スポーツ > テーピングをずっとしていると。。。

テーピングをずっとしていると。。。

2012.09.25 | Category: スポーツ

 

スポーツ選手がケガをしたときとか、足首をくじいた時とか、さまざまな時に行われるテーピングですが、これまた頼りすぎるとかえって逆効果になることがあります。 

 

 

一時的にケガをした関節を固定する意味では非常に効果が高いと思います。

 

 

試合前のスポーツ選手にテーピングをして、どうしても出ないといけない試合に出る。 

痛みがひどすぎて歩くときに足首が痛いので、外出するときだけテーピングをする。 etc 

 

しかし、これが必要のないときまでずっとテーピングをしていると、たとえば足首をずっと固定しているわけですので、歩行の姿勢が崩れていきます。 

 

 

いろいろなところに余計な負荷がかかるために、正常な関節や筋肉までが痛んでくる可能性があります。

 

テーピングをしているとついつい楽なので、頼りがちになりますが必要最小限にとどめることをおすすめします。  

 

 

当院では本当に重症な場合しか固定はしません。  

 

 

人間の持つ治癒力というのは、非常に強いものがあります。

 

それを最大限に活用して治していく方が、本来の体の持つ働きどんどん高めていってくれます。  

 

なんでも頼りすぎはよくないということですね。

当院へのアクセス

あらき整骨院

所在地〒561-0874 大阪府豊中市長興寺南1-3-1
電話番号06-6864-8080
駐車場6台あり
予約予約優先制
休診日土曜午後 日曜・祝日
院長荒木 人伺