TEL
MENU
初めての方へ 料金

背中のつっぱり感を自分で取る方法 | 豊中市・吹田市・池田市 あらき整骨院

Blog記事一覧 > 自分でできる整体 > 背中のつっぱり感を自分で取る方法

背中のつっぱり感を自分で取る方法

2012.11.07 | Category: 自分でできる整体


最近、どんな職種でもパソコンを使うようになってきて机に座っている時間が長くなってきました。 

 

それに伴って姿勢の悪さ、背中、腰、肩のこわばりが気になる方が増えているようです。 

 

そんなとき自分で背中のつっぱりを取るには・・・


 

『伸び』をする、です。


なーんだ、伸びか。 

 

と思われる方が多いかもしれませんが、意識的に伸びをすることで胸椎11番がよく動くようになります。 

 

胸椎11番が硬くなって上に上がると体は緊張します。 

逆に下に下がると体は疲れ切った状態になります。


しかも胸椎11番はホルモンに関係する背骨でもあります。


ぜひ意識的に『伸び』をするようにしてください。


 

 

 

それでは正しい『伸び』の仕方を説明しますね。


① 息をゆっくり吐きながら背中を反らしていく


② 息を吐き切ったら、ゆっくりと体を戻していく (これを2~3呼吸かけて戻してく)


③ 背中やお腹、みぞおちなどが温かくなればOKです。





当院へのアクセス

あらき整骨院

所在地〒561-0874 大阪府豊中市長興寺南1-3-1
電話番号06-6864-8080
駐車場6台あり
予約予約優先制
休診日土曜午後 日曜・祝日
院長荒木 人伺