TEL

スポーツ障害 | 豊中市あらき整骨院

お問い合わせはこちら

スポーツ障害

こんな症状があればあらき整骨院まで

スポーツ中に以下のようなケガや障害を負った場合、あらき整骨院でも対応いたします。
外傷直後の時はもちろん、慢性的に痛みが続くスポーツ障害にも対応します。
・打撲
・捻挫
・疲労骨折
・打ち身
・野球肘、野球方
・テニス肘
・筋肉疲労
・スポーツのパフォーマンスを上げたい
・慢性化したスポーツ障害を改善したい
・関節の変形
・運動していると鈍い痛みを感じる
・今までより体力の低下が顕著
・安静にしてい時も痛みがある
・激痛があって眠れない

ひと口にスポーツ障害といっても症状は複数あります。
軽度であれば運動の時に痛みを感じる程度ですが、重度のスポーツ障害だと安静にしていても特定の部位に痛みが走ります。痛みが強すぎて眠れないことも出てきます。
我慢できない程のスポーツ障害も、あらき整骨院でサポートします!当院では急性・慢性のスポーツ障害のどちらにも対応しています。
慢性スポーツ障害の場合は、使い過ぎ症候群とも呼ばれています。スポーツ障害は限界を超えて動かした時に発生します。受傷直後はもちろん、慢性化してなかなか症状が回復しない時も、豊中市のあらき整骨院が力になります。

スポーツ障害の原因は?

スポーツ障害の多くの原因が、体の使い過ぎです。
・身体能力の限界を超えて動かした
・過密スケジュール、過度な体の酷使
・過剰な疲労蓄積
・睡眠不足
・栄養不足
・同じ部位の使い過ぎ

上記の理由からスポーツ障害が起こる例は多いのです。いずれにしても体を使い過ぎない事、いっぱい使ったら十分に休養をとることが大切です。

スポーツ障害を未然に防ぐには

スポーツ障害は注意していれば予防できます。以下のことに気を付けてみましょう。
・運動前のウォーミングアップをしっかりおこなう
・運動後はクールダウンや整理体操を十分におこなう
・自分の体力や運動能力に合わせて運動する
・栄養バランスに気を付けて体を丈夫にする
・体を酷使した日は十分な睡眠時間をとり休養する

スポーツ前の準備運動はスポーツ障害を予防します。運動後のクールダウンは特に大切で、
不十分だと筋肉や靭帯の疲れが残ってしまうでしょう。

これってスポーツ障害?と感じたらあらき整骨院まで

慢性的なスポーツ障害がある時は、まずはスポーツをせずに安静にしておくことです。安静にしているだけでも、スポーツ障害から回復するケースはります。
組織の変形や骨折がある時は外科的な処置が必要なので、すぐ整形外科に行きましょう。
スポーツ障害といわれても、症状の段階や程度によっては軽い運動ができる場合があります。運動が禁止というわけではないのです。
正しくスポーツ障害を改善していくためにも、ぜひ一度あらき整骨院までご相談ください。これってスポーツ障害かな…と迷う時も当院で見極めます。

料金表



保険診療



  初診料 二回目以降
3割 3,200円 2,100円
2割 2,600円 1,600円
1割 2,200円 1,200円

※当院では上記の料金以外の追加治療費は一切ございません。回数券やプリペイドカードなどの販売もございませんので安心価格でご利用頂けます。