ネット予約 メール問合せ 初めての方へ
TEL 24時間受付Web予約

頸椎腰椎椎間板ヘルニアの原因 | 豊中あらき整骨院

お問い合わせはこちら

豊中あらき整骨院

豊中あらき整骨院

Blog記事一覧 > ヘルニア | 豊中市あらき整骨院|肩こり・腰痛専門の記事一覧

頸椎腰椎椎間板ヘルニアの原因

2022.11.09 | Category: ヘルニア


腰椎椎間板ヘルニア

芸能人のYOSHIKIさんは頚椎椎間板ヘルニアの症状を患っており、嵐の二宮和也さんは腰椎椎間板ヘルニアの症状を抱えているとネットニュースで知りました。一般的に多くの方が頸椎腰椎ヘルニアのことを認識しておりますが、ヘルニアとは 身体の中の一部が、あるべき場所から出てきてしまった状態を「ヘルニア」と言います。
「椎間板ヘルニア」は首の骨もしくは腰の骨があるべき場所から飛び出してしまい、神経を圧迫させることで痛み・しびれ等を引き起こす症状であり、症状によっては外科手術が必要になります。当院では腰椎椎間板ヘルニアの専門治療も提供しておりますが、頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアの症状を発生させないために必要なことは「正しい姿勢」で日常生活を過ごすことです。

※下記のような動作を繰り返していると猫背となり、頸椎腰椎ヘルニアの原因になりうる可能性があります。

  • スマートフォンを長時間利用して動画を見ている
  • 一日中デスクワーク作業をしている(休憩をしない)
  • 首を前屈させる動作が多い
  • 運動不足
  • 肩が巻き肩である
  • etc…

上記はすべて不良姿勢の要因となり、頸椎腰椎ヘルニアになりやすい生活習慣です。少しずつでもよいので生活習慣を改めることで健康的な毎日を過ごしていきましょう。

椎間板ヘルニアを図で解説




上記図は骨格図(後ろ向き)と椎間板(背骨を支えるクッション)の図となります。背骨は首から腰までまっすぐ繋がっており、24個の骨で構成されております。背骨は神経を通している管の役割となり、腰や首が丸まってしまう生活習慣を繰り返していると背骨が丸まり、骨と骨を繋げる椎間板(クッション)が飛び出てしまいます。つまり不良姿勢は頸椎腰椎ヘルニアの天敵といっても過言ではありません。

猫背にならないためにどのような対策が必要なのか?

猫背(不良姿勢)にならないために、日常生活でできる対策を列記しましたのでご確認下さい。

  • ストレッチポール運動
  • ヨガ
  • 体操
  • ウォーキング
  • 筋力トレーニング
  • 姿勢矯正(整骨院等)
  • 睡眠
  • etc…


(ストレッチポールを使用したイメージ図)

豊中あらき整骨院は全国の治療院で約0.01%しか習得していない「野口整体」という身体に優しい整体治療を得意としております。整体治療は身体の骨格を整えることができるため、痛みや不良姿勢で悩む患者様のサポートを行うことが可能です。身体に負担をかけずに調整を行うことができますので女性やお子様でも安心して施術を受けて頂けます。然しながら全身調整をしても日常生活で不良姿勢を繰り返しているとすぐに悪い状態に戻ってしまいます。そうならないようにするために当院では自宅でできる運動指導等も実施しております。
適度な筋力トレーニングを行うことで以下のような効果を保つことができます。ぜひ当院の整体治療を体験してみて下さい。

※以下は整体治療を受けることが得られるメリットとなります。

  • 正しい姿勢を保つことができる
  • 体の代謝が良くなる
  • 痩せやすい体質になる
  • ケガがしにくくなる
  • 良く寝れるようになる
  • etc…